スタートアップの会社は、会社が大きくなる前にCHROを任命しよう

先日、とあるベンチャー企業の副社長と会う機会がありました。

この会社は現在社員数が70名くらい。社長がデザイナーであり普段は買い付けに海外に行っていて不在にすることが多いため、経営のほとんどは副社長が担っているようです。当然ビジネスのことは、会社の誰よりも知っている方です。

話題が人財マネジメントのことになった時、副社長自ら従業員への想いを語って頂きましたが、従業員一人ひとりの気持ちを大切にし、モチベーションをどのように上げたらよいか、かなり真剣に考えているようでした。その内容は実に的確だし素晴らしい考えであり、会話の中にはHRとか人事とかそういう用語は一切出てこなかったものの、ピープルマネジメントのことを一生懸命考え、実践しているようでした。

 

ビジネスのことが分かっていて、HRのことも分かっている人。両方わかる人が会社にいなくて、またマーケットにもいなくて、多くの会社が困っています。
でも会社が一定の規模となると経営者が人事のことを考えている余裕がなくなり、人事という組織を作ります。ですがこれがトリガーとなり、現場感覚の分からない組織になってしまうんですよね。結果、現場のニーズに応えられない、単なるオペレーション中心の人事になってしいまいます。これでは経営戦略の成功に人事は役に立たない組織になってしまいます。これが会社の成長を鈍化させている要因にもなったりします。このような背景もあり、現場と人事の間の仕事を担うHRBPのような職種に注目が集まっています。

私がお話した副社長は、経営感覚とHRの重要性の両方を持つ方でした。このような方は珍しいのですが、会社が大きくならないうちから経営感覚を持ち続けたHRのエキスパート(CHRO)を経営陣の中に参画してもらい、ビジネスの成功とHRMの両方を重視した経営をすることが、企業の成長を促進させるのだと思います。