これからの採用プロモーションの考え方

日本で最も手堅い転職手段は、人材紹介会社に登録して求人紹介を受けることでした。今でも主流は人材紹介であることは間違いありませんが、この5年くらいの間で多様化しています。
たとえば、ビズリーチやLinkedInが台頭し、ビズリーチがバズワードを作った「ダイレクトリクルーティング」が少しずつ浸透してきたこと。
ビズリーチ社はあっという間に大企業に変化し、サービスも多様化しつつあります。
また、「社員紹介」があらためて注目され、シリコンバレーの企業が行う「リファラル採用」も注目されています。

toyokeizai.net

新卒採用についても同様で、圧倒的多数はリクナビマイナビに登録して学生主導で企業選びをするのが一般的でしたが、最近は人財紹介サービスだったりSNSからスカウトしたりと、大きく変化をしていますね。

さてさて、最近はそこからまたさらに変化し、直接人財採用を目的としない手段が台頭しつつあるように感じています。

例えば「サンカク」というASPサービス。これは企業の経営に「サンカク」してもらい、有識者からアドバイスを受けることをコンセプトにしており、企業が募集ページを掲載し、興味がある有識者からの応募を待つ形式のサービスです。また、その企業の採用活動に応募することも可能です。
このサービスはリクルートが提供していますが、リクルートのロゴは全面には出ておらず、かなり控え目に出ています。理由としては、リクルーティング目的を全面に出さないように配慮しているとのこと。

sankak.jp

 

また、これは1月6日に発表されたニュースですが、DMMが就職前の人々を対象としたDMMアカデミーを開校して、学生の募集を始めました。インターンシップの要素もたくさんありますが、ネット業界のリプリゼンタティブたちが講師陣となった2年間のカリキュラムが用意され、月収30万円のお給料が出る。卒業後はDMMへの就職を必須としない。
これも採用は全面に出していません。亀山社長もサイトの中で「経済的な理由で進学を断念せざるをえなかった人、秀でたところがあっても勉強に馴染めなかった人など、様々な理由で大学に行かなかった人たちの中にも、才能に溢れる若者は多くいます。そんな人達を発掘し、自立・成長させるのが本校の目的です。」とハッキリ書いています。

dmm.academy



これから着目されるのは「短期的には成果に結びつくものはないが、もしかすると採用につながるかもしれないし、もしかするとお客様となって利益をもたらしてくれるかもしれないし、もしかするとファンになって様々な波及効果を生んでくれるかもしれない」。採用担当者は、採用や人事の枠を超えて、このような発想をもってプロモーションに取り組んでいく必要があるように感じています。

2017年 人事企画に役立つネタを発信します

はじめまして。nbheroです。

今年で社会人14年目、人事という仕事に就いて10周年となります。
この10年間は複数のIT会社に所属し、現在はマネジメントを担う
立場を拝命しております。


この10年間は人事の世界というのは面白くて、色々なことにチャ
レンジしてきましたし、チャレンジもさせてもらいました。
また、多くの研修/セミナーにも参加し、たくさん本も読みました。
経営者の交代もありましたし、転職も経験しましたので、色々な
方々にお仕えし、たくさんの叱咤・激励をいただきました。
様々なタイプの経営者の下でやってきたことで、色々なアプローチ
の仕方を学びましたので、どのような環境でも臨機応変にアジャンスト
しながら成果を出せそうな自信をつけることもできました。
 

ですが、その結果ひとつ気付いたことがあります。
それは何かというと、器用に臨機応変にアジャストすることが染み
ついてしまい、自信の考えや判断の軸、原理原則や全体俯瞰力という
ものが欠落してしまっていることです。
 「○○社長のご意向に沿うように資料を作る」
 「ここで~~と言ったら△△副社長が反応するから内容を変えよう」
ご機嫌良くしてもらう、反感を買わないようにする、そういうことに
配慮しすぎて、そもそも会社はどうなるべきか、自分はどういうことが
したいのか、ということに頭が回りにくくなっていることです。
その結果、自信があったはずの人事企画という仕事に行き詰まりを
感じるようになりました。どのようにしてこの悩みを解消しようか…。

でもでも、実際のところ日々色々な情報収集もしていますし、日々の
仕事でも自分なりに考えているんです。有識者と議論し、気づいたこと
もありますし、ブレイクスルーもしているんです。
なので、もっと収集した情報を整理したり、その情報についての意見を
紙に書いてまとめることで、自分のやりたいことや主張をまとめてみよ
うと思い、ブログをはじめてみることにしました。

2017年、このブログで50個記事を書きます。定量的目標を設定してみ
ました。人事関係者の皆さんの役立つネタを発信いたしますので、ぜひ
お付き合いいただきたいです。

最後に、人事領域では大先輩の皆さんが多く、10年というのはまだ
まだ浅い経験です。ご経験豊富な方からは笑われてしまうような考え
もありますが、ご容赦を頂けるとありがたいです。